【実話】気づいたら全く知らない女と結婚していたwww

こんな時間だからこそ書き逃げ 修羅場って言うか、俺としてはホントに不可解な出来事 オカルトとも悩んだが、一応家庭のことだからこっちに書いてみる 違ってたらスマン かなり現実味のない話だし、俺自身も何でそうなったのか分からない だからネタに見えるだろうけど、俺だってネタだって思いたいし、最初はドッキリか何かかと思ったくらい だからこそ、俺にとっては超ド級の修羅場だった 数年前、気が付けば俺は結婚してた    

【実話】僕「絶対言わないって言ったよね?」女友達「え?何で怒ってるの?」

  女「ねー男君って好きな人居るの?」   男「え、いや、居ない、けど」   女「えーじゃあー女1ちゃんと2ちゃんだったら?」   男「え?」   女「女1ちゃんと2ちゃんだったらどっちが好き?」   男「え、いや、そんな、決められないよ、どっちも好きじゃないし」   女「えー嫌いなの!?」   男「や!そんな事はないけど…」   女「好きなの!?どっち!?」   男「……………いや、あの…」  

【感動】ひとりぼっちだった少年と、とある少女。 少女「ねぇ、またいつか…」【涙腺崩壊】

小学校の裏にある、小さな草原原っぱ。 僕はこの場所で一人遊ぶのが好きだった。 学校が終わってから、日が落ちるまで僕は一人きりで……。 女「……あれ?」 でもある日、そんな一人だけの場所に同じクラスの女がやって来たんだ。 泣いた 女「えっと……こんにちは」 僕「……こんにちは」 女「なにしてるの?」 僕「……」

【おもしろ】男「ぬぁぁ……ッ!大腿四頭筋が……!限界を超えたぞ友!」 筋トレと俺の日常【短編】

        男「ふん!ふん!ふん!」 友「……」ペラ…ペラ… 男「ふんん……!ふんん……!」 友「……」ペラ…ペラ… 男「ふんんん!?ふんんん!!?」 友「……」ペラ… 男「っしゃあえあはらあ!!」 男「ぅぉおおおお!筋肉が……喜んでいる!!!」