【感動】男「結婚おめでとうって、あの子に言っといてください」【涙腺崩壊】

へばりついてて、低く垂れ込めた雲から雨が降ってた。

うんざりするほどの傘が、狭い道路を埋め尽くしててさあ、

そのときの僕は、あまりいい気分じゃなかったんだよ」

「なんでって、そりゃあ

今まで仲のよかった友達と、離ればなれになっちゃったからね。

まあ、『あいつ』とは一緒だったけど」

「そんな日に、僕は君を見つけたんだ。

君は数人の友達と、楽しそうに笑いながら歩いてた。黄色い傘を差してたよ。

よく憶えてる。初めて君と出会った日のことだからね」

「ん、これは出会ったとは言わないのか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です