【実話】祖母の葬式で帰った田舎の家でみつけた不思議な箱 そこに宿った霊にある事を言われる・・・

 

 

僕は今高校一年生で、A県で県と同じ名前の私立高校に通っています。(バレるかな?)

最近この板を知って、自分が中学生のとき体験した事を話したくなったんで投下します。

現在、僕はおじいさんの家で、家族と共におじいさんと同居してるんですが、

中学の頃は、おじいさんとは県五つ分ほど離れて暮らしていました。

中学2年生も終わりかけ・・・・ちょうど今月辺りですかね。

学校にも大分慣れ、友達もたくさんできて、幸福なスクールライフを送っていました。

ある日家に帰ると、平日なのに玄関に父さんの靴があって、

早帰りなのかな?とか思っていると、母さんがリビングから玄関に出てきました。

「アンタ!おばあちゃん亡くなったから、荷物まとめるのと通夜の準備しなさい!」

僕は唖然としました。

実はウチの家族は、おじいさん達とおじいさん夫婦のどちらかが死んだら、

残った祖父母のどちらかと、おじいさんの家で同居する、という約束がありました。

父さんにとっては、父さんの経営している会社が近くなって嬉しいだろうし、

母さんにとっては、おじいさんの家は今住んでいる家より広いから、この家に未練はないんだろうけど、

僕にはせっかくできた友達がたくさんいる。

こんな時に何で死んだんだろう。

僕は多少怨みにも似た感情を抱きながら、渋々引越しの準備をしていました。

そんなこんなで通夜へ行く道中、僕はムスッとした顔で新幹線の座席に座っていました。

夜なので、

「もうすぐA県だわね」

「あっそ」

俺は母さんへの返事も無愛想だった。

このとき僕は、凄く怒ってたと思う。

「何でばあちゃん死んだの?」

僕はふと父さんに聞いた。

入院もしてなかったし、別に体に悪いところがあるなんて話も聞いたことが無かった。

父さんは何か言ってたと思ったけど、詳しくは忘れた。

通夜は家でやっていた。

おじいさんの家は、予想以上に大きかったけど、予想以上に古かった。

「古いんだねー」

歴史のある家に少し憧れを抱いていた僕は、ちょっと機嫌が良くなっていた。

「ああ、何てったって、第二次世界大戦をやる前からあった古い家だからね。

それに父さん(祖父)は元々呉服屋をやっていて、

俺が今やっている会社も、父さんのやっていた呉服屋が基盤なんだ」

確かこんなことを言ってたと思う。

日本庭園(当時はグチャグチャだったけどね)を歩いて玄関までつくと、

まあ通夜だなーって分かる感じになってた。

家の中に入ると、古い白黒映画の世界に入ったみたいだった。

床も柱も木製で、僕はその雰囲気に少し興奮してた。

(後で分かったけど、結構補強が入ってて、ALL木製ではないらしい)

家の構造は大きなコの字になってる廊下に、部屋がポンポンポンとついてて、

離れと蔵がコとは離れた所にある感じ。(表現力不足でスマソ。多分全然違う)

どうでもいいですね・・・。

とりあえず結構古い家です。

大きな部屋で通夜をしていました。

ふすまを開けるとたくさんの人がいて、僕は少し戸惑いました。

あったことも無いような人ばかりです。

説明していませんでしたが、僕はおじいさんとは、産まれた時と3~4歳の頃にあっただけだったのです。

ほぼ初対面で顔も覚えてなかったので、会うときは凄く緊張しました。

「こんばんは、k(僕)です」

こういう場の挨拶なんて知らないんで、取り敢えず自己紹介をしました。

おじいさんは泣きはしていませんでしたが、少し暗い表情でした。

僕の声を聞いたのか、笑顔を作りながら

「おおー、kか!長いこと会わんかったな~・・・!!!!」

突然おじいさんは、僕の顔を見るとビックリした表情で固まってしまいました。

「おじいちゃん?どうしたの?」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です