私のお腹を蹴って入院させたカップルを尾行するとそこには兄の姿が!【 衝撃の復讐劇】

 

出会いは大学の入学式。

入学式の席順は決まっておらず、来た人から詰めて座る形だったんだけど

その時たまたま私の隣に座っていたのがDQN♀だった。

通っていた高校から、この大学に進学したのは自分一人だった。

知り合いが一人もいない環境。

もともと自分から話しかけれるようなタイプではないので

入学式が始まるまでの間は一人静かに待っていた。

そこにDQN♀(以下A)が話しかけてきた。

A「ってかこの中暑くない!?ちょー喉乾いたんだけど~」

てっきりもう一方の隣に話しかけてるんだと思って無視してたら

A「えwww無視ですかwきついわーwwwwww」

って言うんで、私に話しかけたんだと分かった。

驚いた半面、よっしゃwww早速友達できるwwww便所飯回避wwwww

と安心した。

私「ごめんw私に話しかけたんじゃないと思って」と言いながらAの方を向いた。

そこには同伴前のねーちゃんがいた。

ストライプ柄のスーツに網タイツでまさに脚場嬢だった。

おまけに香水臭い。なんか便所の芳香剤みたいな匂いがする。

正直うわ~とか思いながらも、見た目で判断するもんじゃないと

自分に言い聞かせ、必死に普通の態度をしていた。

ちょっと割愛させていただくが、まぁそんなこんなで

入学式が始まるまでいろんな話をした。

って言ってもAが一方的に喋るばっかだったけどな。

うんうんと聞いていくうちに彼氏の話になった。

A「そういやあさ~、彼氏がね~」

・彼氏とは高校2年からの付き合い

・彼氏も同じ学科にいる

・でもまだ来ていない

・彼氏かっこいいから浮気されそうで不安

・ってかうちらが大学行くとか天才じゃね?

・昨日2回工ッチした

要約するとこんな感じ。

マシンガントークってこういうことを言うんだな

ってくらい、Aは本当によくしゃべる。

職業病のせいなのか、なぜかちゃんと話の道筋が立ってて分かりやすい。

話す内容はともかく、話し方が聞き手が吸い込まれるように聞いてしまう。

もしかして、本当にこいつ天才なんじゃね?

A「で、あんたは彼氏いるの?」

私「私?一応いr「来たーっ!!!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です