【実話】僕「絶対言わないって言ったよね?」女友達「え?何で怒ってるの?」

  女「ねー男君って好きな人居るの?」   男「え、いや、居ない、けど」   女「えーじゃあー女1ちゃんと2ちゃんだったら?」   男「え?」   女「女1ちゃんと2ちゃんだったらどっちが好き?」   男「え、いや、そんな、決められないよ、どっちも好きじゃないし」   女「えー嫌いなの!?」   男「や!そんな事はないけど…」   女「好きなの!?どっち!?」   男「……………いや、あの…」  

【感動】ひとりぼっちだった少年と、とある少女。 少女「ねぇ、またいつか…」【涙腺崩壊】

小学校の裏にある、小さな草原原っぱ。 僕はこの場所で一人遊ぶのが好きだった。 学校が終わってから、日が落ちるまで僕は一人きりで……。 女「……あれ?」 でもある日、そんな一人だけの場所に同じクラスの女がやって来たんだ。 泣いた 女「えっと……こんにちは」 僕「……こんにちは」 女「なにしてるの?」 僕「……」

【おもしろ】男「ぬぁぁ……ッ!大腿四頭筋が……!限界を超えたぞ友!」 筋トレと俺の日常【短編】

        男「ふん!ふん!ふん!」 友「……」ペラ…ペラ… 男「ふんん……!ふんん……!」 友「……」ペラ…ペラ… 男「ふんんん!?ふんんん!!?」 友「……」ペラ… 男「っしゃあえあはらあ!!」 男「ぅぉおおおお!筋肉が……喜んでいる!!!」        

【悲劇】クラスの打ち上げがあるんだ…【切ない】

    母「だったらオシャレな服着ないといけないねぇ」 男「え…でも僕は小学校の入学式でもらったパーカーがあるし」 母「それはもう古くて着れないだろう?」 母「お金渡すからお洒落な服買っておいで」 母はそう言うとプーマの財布から5000円札を取り出し 男に手渡した 男「5000円も…いいの…?」 母「昨日パートの給料日だったしね、良いもの買ってらっしゃい」 男「うん!!」