【感動】ばあちゃん「あなたが三途の川の様子をみてくるなんて言い出すものだから」 【実話】

            ばあちゃん「これを持って行ってください」 じいちゃん「これは」 ばあちゃん「六文銭が入っています。川の渡し賃です」 じいちゃん「いつもすまないな」 ばあちゃん「いいえ。私にはこれくらいしかできませんけど」 じいちゃん「・・・」 ばあちゃん「お世話になりました」 じいちゃん「・・・行きたくない」 ばあちゃん「おやおや。あんなに男らしいじいさんは何処へ行ったのかしら」            

【感動】後輩「それじゃ、本当にこれでお別れです」→衝撃の展開に【涙腺崩壊】 part2

目がさめる。そのことに気がついた。 ズレと”それ以外”との区別がいつになく明瞭だった。俺は今の今まで”ズレ”ていた。 そして今、戻ってきた。”現実”とも呼べないどこかに。 自分の中から不意に、不要なものが抜け落ちていくような感覚があった。 なんだかいろんなものが綺麗に抜け落ちていく。透き通っていくようだった。 自分の中の不純なものがすべて消えていく気がした。 そんな感覚が、俺を数秒あまり包んでいた。 ふと気付くと、街から人が本当に消えていた。 誰もいなかった。体育館裏の切り株に座っていた。 傍には誰もいなかった。誰にも何も伝わらなかったし、俺もその努力をしなかった。

【感動】後輩「それじゃ、本当にこれでお別れです」→衝撃の展開に【涙腺崩壊】 part1

「もうやめたくなりましたか?」 と後輩の声がした。咄嗟に反応できず彼女の顔を見返すと、ひどく不安そうな表情をしている。 最初に視界に入ったのは緑色のフェンスと、その向こうの道路、そこに舞う桜の花びらだった。 俺たちふたりは、どうやら一緒に昼食をとっていたらしい。 後輩の膝の上にはコンビニのレジ袋が置かれていて、彼女はその中からサンドウィッチを取り出しているところだった。 何の話をしていたのかは思い出せない。彼女の切羽詰まった表情を見るに、大事な話をしていたのかもしれない。 俺は一瞬とまどったが、それでも思い出せないものは仕方がないと割り切り、適当にごまかすことを決めた。 「いや」 曖昧に返事をすると、後輩は眉間に皺を寄せる。怒るというよりは訝るような仕草だ。何かしくじったのかと考えたが、それならそれで構わない。 適当にごまかしておけば、大抵のことは問題にならない。要するに、どれだけ上手にごまかすかが問題なのだ。

【壮絶】仕事早退して帰宅したら妻が男と風呂場でイチャイチャしてたから、閉じ込めて晒しあげた件【修羅場】

俺とA子は付き合って2年くらいだった。 結婚もそろそろかなと意識し始めてて 婚約まで行かなくても両家の両親には 挨拶を済ませてあって婚約に近い形だった。 俺は一人暮らしでA子に合鍵を渡してあったので ちょくちょく俺が帰ってくる前に ご飯を作って待っててくれたりもしてた。 ある日、仕事中に具合が悪くなって 早退をさせてもらった日の事。

【感動】彼女は、冬になると現れる。 俺「だから冬は・・・」→涙腺崩壊の究極ラブストーリー【涙腺崩壊】

滑る  寒い  乾燥する いろいろ凍る  バカがはしゃぐ 宿題が多い  カップルが増える そして―――アイツがやってくる だから  冬は嫌いだ 男(うー寒い寒い、すっかり冬だな) 男(ってことは……そろそろ、かな) ガチャ 男「ただいまー」 女「おっかえりー!!そんで久しぶりー!!」

【壮絶】好きになった相手が不幸になっていく・・・?⇒女「私といると不幸になるよ」【恐怖】

一ヵ月前 先生「転校生の女さんだ。みんな仲良くな」 女「大阪から来ました。よろしくお願いします」ペコ ザワザワ ガヤガヤ 男「(かわいいなこの子。ていうか早く課題終わらせないと)」カキカキ 女友「(すごい肌白いな)」 友「ん?大阪?」