Category: 芸能

木下優樹菜「水筒くらい持っていかせて!」と学校の熱中症対策に苦言

          1: シャチ ★ 2018/07/20(金) 10:00:38.35 ID:CAP_USER9 7/20(金) 7:49配信 スポニチアネックス https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00000077-spnannex-ent タレントの木下優樹菜(30)が19日、自身のインスタグラムを更新し、母親として学校側の熱中症対策に疑問を呈した。 日本列島は猛暑が続き、熱中症患者が相次いでいる。17日には愛知県豊田市で小学1年の男児(6)が校外学習から戻った後に教室で意識を失い、病院で死亡した。 木下は「熱中症のニュースについて」と切り出し、「今いろんな学校でも毎日のように、熱中症で搬送!とかニュースで見るんだけど、 学校に送り出す親としては、ハラハラしちゃうよ」と母親としての心情を明かした。続けて「こんなに、毎日学校で過ごしている時間の、 いろんなとこで、児童が熱中症になっているのに、いまだに水筒持ち込み禁止とか。。子を送り出す親としては、 心配でしかたない」と学校側の熱中症対策に疑問を投げかけた。 「ただちに、今から、明日からでも防げるような、対策をして欲しいですね」と切望し、 ハッシュタグでも「中1小4年中を持つうちのお姉ちゃんも」「学校側に疑問を持っている」「賛否両論あると思うけど」 「子を送り出す親としてのキモチ」「職員室はクーラーついてる」「教室にもつけていただきたく」と訴えた。       13: 名無しさん@恐縮です 2018/07/20(金) 10:05:27.42 ID:SHxlAjLW0 >>1 お金あるなら寄付してやれよ 危険と思ったら自宅学習や私立に転校させたらいい   251: 名無しさん@恐縮です 2018/07/20(金) 10:42:10.84…

【芸能】鈴木おさむ氏、子連れ電車移動で若い女性に睨まれる 

1: らっとまっと速報 2018/07/17(火) 10:53:43.60 ID:CAP_USER9 https://www.daily.co.jp/gossip/2018/07/16/0011450103.shtml 2018.07.16 森三中・大島美幸の夫で放送作家の鈴木おさむ氏が15日のブログで、子連れでの電車移動の難しさについて記している。 先日、入谷の朝顔市に大島と息子の笑福(えふ)君(3歳)、友人家族と一緒に地下鉄で出かけた時のこと。友達と一緒だった笑福君が車内で、「結構、声出しまして」と興奮していたのか、騒いでしまい、「もちろん妻も何度か注意をしてますが。」と大島も静かにするように何度か注意をしたという。 しかし、「目の前に座ってた若い女性が、多分、うるさいと思ったんでしょうね。出るときに、僕にかなりの睨みをきかせて出て行きました。結構焦りましたが。そんなににらむ??って感じで」と電車を降りる時に、目の前に座っていた女性にかなりにらまれてしまったことを明かした。 鈴木氏は「でもね、そのくらいの気持ちにさせてしまったのは事実で。今は僕は子供を授かったので、電車の中でもそういう声を気にならなくなりましたが。そうじゃなかった時は・・・その女性と同じ思いを感じていたかもしれないので・・・」とにらんだ女性の心情にも理解を示し、「いや、難しいなと」と思ったことをつづっていた。

小倉智昭キャスター、W杯セレブ生観戦の剛力彩芽SNS公開に疑問

1: らっとまっと速報 2018/07/17(火) 09:25:19.92 ID:CAP_USER9 7/17(火) 9:21配信 スポーツ報知 17日放送のフジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜・前8時)では、ファッションショッピングサイト「ZOZOTOWN」を運営する株式会社ZOZOの前澤友作社長(42)と、女優の剛力彩芽(25)が16日、W杯ロシア大会決勝のフランス・クロアチア戦を生観戦したことを、そろって自身のSNSで報告した件を報じた。 同番組では前澤氏と剛力はプライベートジェットを使って日帰りでロシア入り。1人220万円するとされる観戦、飲食付きのチケットを購入したとみられると報道。2人の「セレブ観戦」について聞かれた小倉智昭キャスター(70)は「うらやましい? いやいや、うーん」と微妙な反応。「彩芽ちゃんも、なんでこれを大っぴらにしたいんだろう?(交際が)うれしいんだろうな」と感想を述べていた。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180717-00000064-sph-ent

【話題】はあちゅう結婚報告 中傷を受け「レベル低いぞ」

1: らっとまっと速報 2018/07/17(火) 10:18:49.42 ID:CAP_USER9 7/17(火) 10:07配信 日刊スポーツ AV男優しみけん(38)と事実婚の手続きを行ったことを公表した作家でブロガーの、はあちゅうさん(32)が、ネット上で誹謗(ひぼう)中傷を受け「レベル低いぞ」とやり返した。 15日にツイッターでしみけんとの事実婚を公表。祝福のコメントが相次いだが、一部のアンチによる中傷コメントもあった そうした状況を心配する声も寄せられたが、「言われるだろうと予想がついたことしか言われてなくて、しかもいつものメンバーだから大丈夫。誰も私の予想を超えてきてない」とし、「お前ら、私が予想した通りのこと言ってんな? レベル低いぞーと思ってる。違う世界に住んでる趣味の悪い人たちよ、ずっとその沼にいたまえ~」と切り捨てた。 また、17日には、中傷や差別の問題に言及し、「職業、会社名、学歴で差別する人って多いけど、不思議と成功者ほど、そういうので人を見ないんだよね。人の本質は職業と関係ないから。差別して上に立とうとするのは中途半端な人。自分にブランドが無いから、肩書やつるむ人にこだわる。どう見えるかばかり気にして自分が無いからブランドになれない」と持論を展開。「差別してくる人、ほんとにたくさんいるよ。でも大事なのはその人たちにこびて好かれることではなく、嫌われる勇気を持つことだ。自分がこちら側にいたいと思う人とだけ仲良くすればいい。嫌われたら『この人とは一緒にいるべき人じゃなかったんだな』って分かる」との考えを示した。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180717-00270832-nksports-ent 関連 【話題】はあちゅう「私に意地悪言いたい人たち、私見てないからごめん」しみけん「幸せな姿を見せつけることが仕返し」★3 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1531789028/

【芸能】女優・西内まりや再始動を決意!「もう一度チャレンジしたい」事務所との契約満了を報告

1: ストラト ★ 2018/07/20(金) 12:57:06.21 ID:CAP_USER9 今年3月31日をもって所属していたライジングプロダクションとの契約が終了した女優の西内まりや(24)が20日、自身のインスタグラムを更新。 改めて、同事務所と契約満了となったことを報告し、今後について「実は一度、表現する道を歩む事を諦めようと考えたのですが、何度も心と話し合い、もう一度チャレンジしたいと思いました」と再始動に意欲を示している。 「お久しぶりです。私、西内まりやは、2018年3月31日をもって株式会社ライジングプロ・ホールディングスとの契約が満了となりました事をご報告致します」と発表した西内。 「これまで育てて下さった事務所関係者の皆様、そして応援して下さる皆様に心から感謝しております」と心境を述べ「突然更新や活動が止まってしまいご心配をおかけし、そしてご報告が遅くなってしまい本当に申し訳ありませんでした」と謝罪した。 今後については「実は一度、表現する道を歩む事を諦めようと考えたのですが、何度も心と話し合い、もう一度チャレンジしたいと思いました。一歩ずつ精進していこうと思っておりますので、今後とも応援よろしくお願い致します」と決意をつづっている。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180403-00000352-oric-ent 西内まりや http://pbs.twimg.com/media/CjSPf_JWgAAtN0r.jpg

【芸能】ナインティナイン・ 岡村隆史、ZOZO前澤と剛力彩芽に苦言「ファンのことをまず第一に」

1: ほニーテール ★ 2018/07/20(金) 12:44:36.27 ID:CAP_USER9 ナインティナインの岡村隆史(48)が、ZOZOTOWN前沢友作社長(42)と交際中の女優剛力彩芽(25)に「ファンのことをまず第一に考えた方がいい」と苦言を呈した。 岡村は19日放送のラジオ番組「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」で、剛力がワールドカップ(W杯)ロシア大会の決勝戦を現地で観戦したことを報告したインスタグラムの話題に触れた。決勝戦が行われたモスクワのルジニキ・スタジアム前で満面の笑みを見せた写真をアップしていた。 交際中の前沢社長も同じタイミングで同じ構図の写真をツイッターにアップしたことから、2人が一緒だったのかなどとネット上で話題になった。また、剛力はインスタのコメント欄でファンと交流し、前沢氏について「お金がなくてもモテるので心配ですけどねっ笑」とのろけてみせたことも話題になった。 岡村は一連の言動に「やっぱり女性の方って人を好きになると周りが見えなくなるというか。何かすごい楽しそうやなあっていうふうに思ったんですけど、僕なんかからしたら、そこまでおっぴろげにしないでほしいなとか思ったりするんですよ」と複雑な心境を吐露した。 これまで恋愛を我慢していた剛力に「今こうやってバーンって爆発するっていうのも分からんでもないんですけど」と一定の理解を示したが、 「剛力彩芽さんを応援してらっしゃる方からすると、あんだけ同じ画角で『ロシアです』みたいになると(剛力ファンを公言する明石家)さんまさんなんか、すごく傷ついてると思うし、やっぱり応援してくれる人がいるわけですから。『やっぱり好きやねん』っていう人もいるわけですから、ちょっとこう、抑えていただいた方がいいんじゃないかなって思ったりもするんですよね」と私見を述べ、「ファンのことをまず第一に考えた方がいいような気がするんですよね」と釘を刺した。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00274136-nksports-ent

【ドラマ】女優・土屋太鳳主演『チア☆ダン』初回視聴率は8.5%スタート

1: らっとまっと速報 2018/07/17(火) 10:10:21.46 ID:CAP_USER9 女優の土屋太鳳が主演するTBS系金曜ドラマ『チア☆ダン』(毎週金曜 後10:00)第一話が13日放送され、初回平均視聴率が8.5%だったことが17日、わかった。(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。 昨年3月に公開された映画『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』から9年後を舞台にまったく違うオリジナルストーリーが展開。 幼い頃に強豪チアリーダー部「JET」の演技を見て憧れを持った主人公が、いつしか夢をあきらめて過ごす高校生活の中で、東京から来た強引な転校生に「私とチアダンスをやろう!」という思いがけない言葉をかけられたことをきっかけに奮起。 かけがえのない仲間や教師と共に泣き笑い、成長していく姿を描いていく。 第一話では、美人で何でも器用にこなす完璧な姉・あおい(新木優子)といつも比べられコンプレックスを抱いていたわかば(土屋)。 将来は福井中央高校のチアダンス部『JETS』も入って全米制覇を夢見ていたわかばだったが受験に失敗。 いつしか好きだったチアダンスさえも“無理、できっこない”と思うようになってしまったわかばは勉強も運動も中途半端な隣町の福井西高校に入学し、弱小チアリーダー部で運動部を応援するだけの高校生活を過ごしていた。 しかし高校生活も2年目になったある夏の日、わかばは東京から来た転校生・桐生汐里(石井杏奈)に突然、「私とチアダンスをしよう!」という思いがけない言葉をかけられ…。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-00000374-oric-ent ドラマ『チア☆ダン』 http://pbs.twimg.com/media/DctAoU3V4AEDVex.jpg

【芸能】松本穂香主演「この世界の片隅に」初回視聴率10.9%と好調2桁スタート

1: らっとまっと速報 2018/07/17(火) 10:07:31.17 ID:CAP_USER9 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180717-00000006-mantan-ent こうの史代さんのマンガが原作の連続ドラマ「この世界の片隅に」(TBS系、日曜午後9時)の初回が15日、25分拡大で放送され、平均視聴率は10.9%(以下・ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、2桁スタートを切った。 コミックスの累計発行部数は130万部を突破し、2016年公開の劇場版アニメはロングヒットを記録と、多くのファンを持つ名作を、数々のヒット作を生み出してきた人気ドラマ枠「日曜劇場」で実写連ドラ化。昨年放送のNHK連続テレビ小説「ひよっこ」で脚光を浴びた松本穂香さんがヒロインのすずを演じることも話題を集めていた。 「この世界の片隅に」は、マンガ誌「漫画アクション」(双葉社)で連載され、09年に「文化庁メディア芸術祭」のマンガ部門優秀賞を受賞したマンガ。戦時中、広島・呉に嫁いだ18歳のすずの生活が、戦争の激化によって崩れていく様子が描かれた。ドラマの脚本は、「ひよっこ」などで知られる岡田惠和さん、演出は連続ドラマ「カルテット」「逃げるは恥だが役に立つ」(共にTBS系)の土井裕泰さん。また、作曲家の久石譲さんが、民放連ドラでは約24年ぶりに音楽を手がける。 第1話では、妹のすみ(久保田紗友さん)と共に祖母・森田イト(宮本信子さん)の家で手伝いをしていたすず(松本さん)のもとに叔母が、江波(えば)の自宅に「すずを嫁に欲しい」という人が来ていると連絡があったと伝えに来る。事情がよく分からないまま自宅へと急ぐ道すがら、すずは海軍兵学校へ進んだ幼なじみの水原哲(村上虹郎さん)と出会う。てっきり哲が相手の人だと思っていたすずは、さらに混乱する。そのころ、浦野家では北條周作(松坂桃李さん)とその父・円太郎(田口トモロヲさん)がすずの帰宅を待っていて……という展開だった。

【芸能】滝沢カレン『同じ店には2度と行かない』『お気に入りの服ほど着ない』『1週間に2回服を捨てる』発言で賛否両論

1: らっとまっと速報 2018/07/17(火) 12:00:47.63 ID:CAP_USER9 https://asajo.jp/55415 アサジョ 人気モデルの滝沢カレンが、7月11日に放送された「ナカイの窓」(日本テレビ系)に出演。この日のテーマは“ファッション”。普段からインスタグラムで紹介する私服姿の動画が人気の滝沢は「ファッション業界で活躍する5人」の1人として、人気デザイナーや売れっ子スタイリストらと並んで登場した。 「ファッションのプロと出張円卓トーク」と題し、この5人と中居正広、ゲストMCの千原ジュニア、スペシャルゲストの伊勢谷友介がトークを展開したのだが、滝沢の話す内容にスタジオは騒然。 「まず『月いくらぐらい使っちゃうの?服で』と中居に聞かれると『お給料もらったら8割って言っていいぐらいの数を買います』と告白。さらに『同じ店には2度と行かない』『お気に入りの服ほど着ない』『1週間に2回服を捨てる』など、一般常識とかけ離れた彼女のこだわりが次から次へと明かされました」(番組関係者) 滝沢によると、お気に入りの服を着た場合「友達がケチャップやカレーを飛ばしてきたり、雨が降るかもしれないと思うと着れなくなってしまう」そうで、1週間に2回服を捨てる理由は「タンスが小さいことと流行のサイクルが早いので、前年のトレンドの服を着ることがモデルとして嫌だ」という。 これには伊勢谷が「とんでもねぇな」と呆れ顔、千原ジュニアも「大変やな~」とリアクションをとっていたが、視聴者からもSNSで「自分で買ったから捨ててもいいけど、それテレビで言うことじゃないと思いますよ。その服で救われる人が今、沢山います」と指摘されるなど、厳しい意見が飛び交う事態となった。 「滝沢は3月に放送されたトーク番組『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)でも、モデルとしてのポリシーとして『シーズン後はすべての服をあげるか捨てる』と話しています。このときも『物を大事にしない』と批判を浴びていましたね」(女性誌デスク) モデルという職業柄、流行を追うのは当然だが、せめて“捨てる”ではなく“あげる”にしておいたほうがよかったのかもしれない。 (窪田史朗)

【芸能】ホリエモン、新幹線の座席を倒す声かけに苦言 ネットでは賛否両論

1: らっとまっと速報 2018/07/17(火) 12:55:37.37 ID:CAP_USER9 2018年07月17日 12時30分 リアルライブ https://npn.co.jp/sp/article/detail/56399391/ 誰もが経験があるであろう新幹線の“座席を倒す時の声かけ問題”について、堀江貴文氏が言及し、賛否の声が挙がっている。 新幹線に乗っていると思われる際に、堀江氏は14日、「前の席のクソ野郎がおれが寛いでいるのにもかかわらず一々『席を倒していいですか?』とか聞いてきやがる。ウゼェ。勝手に倒せや。そうやって何でもかんでも保険かけようとすんなボケ」とツイート。声かけをしても結局倒す意思の客に、嫌悪感を示した。 しかしこれを受け、ネット上は賛否が渦巻く事態に。堀江氏の意見に賛成派の人は「勝手に倒せ!でいいよな 」「席は倒れるようになってるから許可いらないんだよなぁ」「確かに前の席のおっさんにシート倒しについて声かけられると勝手にしろやと思う」など、堀江氏の気持ちが分かる様子。 一方、反対派の人からは「新幹線の車内って公共空間でしょ、他の乗客と関係性を持ちたくないなら、そもそも公共空間に入らなければいい」「伺いたてるってことはいいことじゃんか。そもそも日本人らしい一種のモラルでしょ」などの声が挙がり、声かけは日本人の “暗黙のマナー”だと指摘する声が多かった。 他にも、「倒されるのが嫌なら自分の前の席のチケットも買えばいい」という意見もあり、多くの人が同じ経験をしているだけにさまざまな声が聞こえてくるが、実際はどのような対応が相応しいのだろうか。 「基本的に、JRの列車では同一人物が2席以上を購入することはできません。そのため、ある程度の声かけが必要になりますが、確かに寝ている人や本を読んでいる人に声をかけると相手が気分を害すこともある。一方で、無言でシートを倒したことによる小さなトラブルは過去にいくつも発生しているので、難しいところです。高速バスなどでは“声かけ”をするようにアナウンスしているところもありますが、まさに空気を読むしかないのかもしれません…」(乗り物に詳しいライター) この論争には新たな提案をする人も多く、「倒せる席ゾーン、倒せない席ゾーンに分ければ良い」などのもっともな意見もある。だが、今のところは空気を読むのが最善策なのかもしれない。