Author: admin

【感動】男「結婚おめでとうって、あの子に言っといてください」【涙腺崩壊】

◆ プロローグ 「『僕』が『君』と出会ったのは、いつだったっけ。 僕らが、まだ赤ん坊の頃だったかな。 それとも、幼稚園や保育園に通っていた頃だったか。 いや、違うな。 ああ、思い出した。 高校一年の頃だ。 あの日は高校の入学式だった。 いい日だったよ。 薄桃色の花びらが、アスファルトの道路に

【壮絶】気づいたらクラスメートの女の家に監禁されていた俺→女「ねぇ男くん・・・」男「」→衝撃の展開!【恐怖】p235

男「……目が覚めたらベッドに縛られてた。何を言ってるのか分からねーと思うが俺も何を言ってるのか分からねぇ」 女「……おはよう。男くん」 男「おぉ、お前はクラスメイトでクラス委員長の女じゃん」 女「な、なんか棒読みで説明口調な気がするけど……まぁいっか」 男「?」 女「目、覚めたみたいだね」 男「あぁ」 女「……」 男「……」 女「……え? この状況について何も聞かないの?」

【爆笑】笑える青春の思い出 僕が選んだ美術部はヤンキーの巣窟だった・・・【名作】101ページ

俺が中学生の頃の話しなんだけど、 思い出す事があったんで 良かったら聞いてくれ 俺の通ってた中学校は地元では あまり良い噂のない中学校だったんだ 俺は小学生の時にいじめられていたし 中学でもいじめられたくなかったけど 何せめちゃくちゃ中学校が近かったもんだからそこに通う事になってた あんまりヤンキーとか関わりにならないよう平穏な中学生活を 送ろうと心の中で決心して 俺は通い始めた 入学してすれ違う先輩達っていうのが 本当にヤンキーで 制服をダラダラ着てたり中にはほぼ私服の奴がいたりした 関わりたくないと思っていたが 部活は絶対入らなくちゃいけない制度だったので 俺は体験入部にも行かず 美術部で届けを出したんだ

【壮絶】専業主婦の嫁がネトゲにハマって全く家事をしなくなったので注意したらキレて実家に帰った。更に義父からも電話で…【恐怖】

◆離婚危機の原因の詳細 (長くなっても思い付くものを全て書いて下さい) 離婚を考えるようになった最初のきっかけは家事の手抜き。 妻は結婚と同時に職場を退職し、パートを始めたが 家事との両立が辛いことと、 人間関係に躓いたことが理由で半年ほどで辞めた。 この時点で妻が専業主婦を希望し 私もそれを一旦は了承したが、 その際、将来的に子供の教育費等で家計が 苦しくなった時には助けて欲しいと話し 妻もそれは了承してくれた。

【衝撃】男「最近、変な声が聞こえるんだけど」→部屋の中どこからともなく音がするんだが・・・→音の正体は驚きの○○!

男(意味がわからんぞ…どうして部屋にひとりぼっちなのに、声が聞こえんだ) 『ダヨネーソウダヨネー』『サイキンサー』 男「…しかも何か会話してるし」 男「何処だ…? どのへんから聞こえてくるんだ…?」ガサゴソ 男「………」ピタリ ネズミ「きゃー! 人間よー!」 ネズミ「逃げろ逃げろー!」 男「…え?」 男「なに、これ。嘘だろ、オイ」

【衝撃】兄と義妹の確執。義妹を憎み、冷たく当たる兄と、認めてもらおうとする義妹の苦悩が辛すぎる

兄「なんだよ……」 義妹「お、お父さんがご飯だって」 兄「チッ……そこどけよ」 義妹「あ、ご、ごめ……お、お兄ちゃん」 兄「お兄ちゃんってきもいからやめろ。俺はお前を妹として認めてないから」 義妹「……ごめん、なさい」 食卓 義妹「あ、あの……これ」

【雑談】俺コンビニで緊張しすぎwww

  店員「いらっしゃいませー。こちらお弁当は温めますか?」 俺「あっ、オッオおね、オオネシャス」 店員「・・・はいっ?えーと・・・?」 俺「えっ!?いやオネあのー、ッソそれあのー、レ、レレンジで!」 店員「・・・温めてよろしいですか?」 俺「あっハイあのーソッスネ!」 店員「かしこまりました。少々お待ちください」  

【ためになる】女と仲良くなりたい奴ちょっと来い【雑談】

  こういうスレ乱立してるけど正直なところ実践的なことを書いてあることをあんまりみたことない 恋愛はケーススタディだが、ある程度まで行けば見極められるようになる 今回は大学生までを範囲として語っていく。 ちなみに書きだめはしてないから遅くはなると思う 暇つぶしだからなチラ裏程度のもんだと思ってくれ  

【雑談】32歳の女性たちと合コンしたけれども・・・

  32歳で合コンするだけある、と思った お前らが何歳か知らんが、確実に俺の周りじゃ可愛い子から結婚していってるんだよな ちなみに俺は28歳だ 会社の先輩の知り合いだってことで誘われて行ったんだが 見事に残念なメンツだった 普通は3人いたら1人くらいはそれなりなんだが もしこの中に32歳で合コンに行っている女性がいたらこれを見て省みて欲しい