【感動】ばあちゃん「あなたが三途の川の様子をみてくるなんて言い出すものだから」 【実話】

 

 

 

 

 

 

ばあちゃん「これを持って行ってください」

じいちゃん「これは」

ばあちゃん「六文銭が入っています。川の渡し賃です」

じいちゃん「いつもすまないな」

ばあちゃん「いいえ。私にはこれくらいしかできませんけど」

じいちゃん「・・・」

ばあちゃん「お世話になりました」

じいちゃん「・・・行きたくない」

ばあちゃん「おやおや。あんなに男らしいじいさんは何処へ行ったのかしら」

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です